2020年09月25日

王立美術館


ブリュッセルの王立美術館で
模写を始めた。

卒業制作のつもりだった。

Jan Gossaert と同時代と思われる、
作者不詳の絵を描き始めた。

描いている途中で美術館の修復家に声をかけられた。
「どこで習ったのか」と。

「美術館で絵を見て、修復レポートを読んだ」と答えた。
それ以降、親しく話をしてくれるようになった。

一般的に言われていることと、
私の考えとの違いについてどう思うかを尋ねた。

総て "possible" と答えてくれた。


家に来てくれというので訪ねると、
「描いた絵を見てほしい」と言われた。

「本当は絵描きになりたかった。
この絵を見て率直な感想を言ってほしい」

一部古典技法を採り入れた、
優しく愛らしい絵だった。

「私は好きだ」と言うと、
はにかんだような笑みを見せた。


posted by gomi at 14:36|