2021年04月09日

大いなる肯定


『100分de名著』災害を考える
池田晶子「14歳からの哲学」〜自己とのつながり〜 で、

若松英輔さんの解説が素晴らしかった。

「考えることは、思った通りの所ではないけれど、
より確かな場所へと連れて行ってくれる」と結ばれた。

絵を描くことも同じだと思っている。


『こころの時代』コヘレトの言葉
空(くう)から「それでも種をまく」
への転換も魂に響く。

否定を突き詰めた大いなる肯定。
そこに神秘的な宇宙体験があるように思う。

対談をされた若松英輔さんは
中世ドイツの神秘主義者エックハルトの講義もされている。


『緑の谷』の、中世フランドル神秘主義者リュースブルックと
エックハルトとは混淆されたことがあるようだ。

フランドルとドイツとの
地域特有の精神性が関与しているのだろうか。

フランドル絵画とドイツ絵画との技法上の近似を連想する。


続きを読む
posted by gomi at 14:08|