2020年01月09日

収斂

テイヤール・ド・シャルダンを教えてくれたのは、
生物学者 国井喜章先生だった。

オメガ点への収斂。
人間は究極の英知に向かう。

「収斂」という言葉に魅かれた。
少しずつ焦点を結んでいく。形になっていく。

ひとつに向かっていくなら、univers 「宇宙・普遍」となる。
真・善・美 の一致点へ。


収斂は手の修練でもある。
推敲でもあり、技術の錬磨でもある。

作意を超える時が来て、
個を超える時が来る。

我執を離れ、ゆだねていく時が来る。
宮沢賢治

『正しく強く生きるとは銀河系を自らの中に意識して
これに応じて行くことである』

【手の最新記事】
posted by gomi at 06:49|