2020年04月24日

絵付けと釉薬



Valencia は焼き物の街でもあった。
イスラム影響下の陶工が金属光沢をもつ陶器などを作った。

スペイン陶磁研究家 Manuel González Martí のコレクションが
国立陶磁器博物館で見られる。

González Martí (1877-1972)によれば、
フランドル初期油彩画の中にValencia の焼き物が見出されるという。

『神秘の子羊祭壇画』中のイェルサレムについて指摘したのも彼だった。


ルオーの絵を見るために東京の出光美術館にはよく通った。
小山富士夫と三上次男が収集した陶片室にも入り浸った。

ペルシャ陶器の専門家 三上次男が説いた『陶磁の道』を
西の端から眺めることになった。


イギリスで中国陶磁にも触れて
陶磁器の絵付けと釉薬の大きな流れを俯瞰するうちに

初期油彩画の絵具層に、ある構造が見えてきた。
塗りの見本を作って美術館に持って行き、比べてみた。

近い効果が生まれたかもしれない。
まだ手掛かりに過ぎなかったが、とても嬉しかった。



posted by gomi at 06:32|