2022年06月16日

静かな制作


来年9月まで、個展の予定が入っていない。
こんなに長く世の中との繋がりがないのは久し振りだ。

制作の段取りを見直し、
体力の衰えに合わせた日常生活を組み立てている。


「世の中から離れるには芸術によるのが最も確かであり、
世の中と繋がるのも芸術によるのが最も確かだ」


Valencia の水色の空に十年の時を願い、
四十年もの時間を与えられた。

幸いなことに静かな制作を続けている。

齢七十となったが、日暮れて道遠しという感慨はない。

どこかにたどり着きたいとは思っていなかったし
どこかにたどり着くとも思っていなかった。


今朝、家の前を掃いていると、ハルゼミが落ちていた。
このところしきりに鳴いていたのは彼だったのだろう。

私もこのようにひとしきり絵を描いて、
光の中へ帰っていく。

何と幸せなことだろう。


posted by gomi at 11:48|

2022年06月14日

野あやめ


野あやめ・小.jpg


posted by gomi at 12:01| スケッチ

2022年05月20日

二つの庭


フランドルに住んでいた頃は、
夏になると芝刈りが日課になっていた。

ガラスハウスでのブドウ栽培が盛んだった丘で、
残ったハウスの一つを借りて日本野菜を作った。

庭の真ん中に大きなサクランボの木があり、
春にはたくさん花をつけた。

ソワーニュの森が見え、
リュースブルックが住んだ「緑の谷」からの流れが丘の下にあった。


今は、浅間山の火砕流の上にできた雑木林に居る。
葉が落ちると八ヶ岳が見える。

ズミ(コリンゴ)、ウワミズザクラ、ツリバナの花が咲き、
まもなくコナラやクリ、ケヤキの葉が繁るだろう。

火砕流先端の下に川が流れ、
対岸には縄文遺跡がある。

振り返って少し上がれば浅間(あさま)神社があり、
室町時代の美しい社殿が格納されている。

ここには西と東をつなぐ東山道が通っていた。


春の山菜や 秋のクリやキノコ。
実生のリンゴの木がゆっくりと育っている。


posted by gomi at 10:21|

2022年05月09日

ブルーベル 2022


ブルーベル 2022・小.jpg


posted by gomi at 16:56| スケッチ